1. 看護師さんの給料事情TOP >> 40代

40代の看護師給料相場は!?

看護師求人サイトランキングはコチラ!

厚生労働省が発表した平成24年の賃金構造基本統計調査によると、40〜44歳女性の医療・福祉従事者の平均賃金は26万1,700円、45歳〜49歳の平均賃金は26万7,600円となっています。日本看護協会の調査では、平成23年の40〜44歳の看護師の平均賃金は38万1,514円、45歳〜49歳の平均賃金は39万3,883円でした。

しかし、実際に現場で働く看護師は給料に不満を持っている人が多く、40〜44歳で給料に不満があると答えた人は29.2%、やや不満と答えた人は34.5%でした。45〜49歳では不満と答えた人は27.7%、やや不満と答えた人は33.6%でした。このことから40代看護師の過半数が、何らかの形で給料の不満を感じていることがわかります。

不満の理由で多いのは、仕事の量に比べて給料が低いというものです。不満、やや不満を合わせて、40〜44歳で69%、45〜49歳で66%の人が不満を感じています。また、仕事内容に比べて給料が低いと感じている人は40〜44歳で67.7%、45〜49歳で68.2%という結果になっています。

また、自分が担っている役割に対して給料が低いと感じている人も多く、40〜44歳で61.8%、45〜49歳で64%という結果でした。年齢に対して給料が少ないと感じている人は40〜44歳で56.9%、45〜49歳では80%に達しています。経験年数に対して給料が低いと感じている人は40〜44歳で56.6%、45〜49歳で56.6%でした。

20代や30代との看護師では不満度が低かった、同じ病院の他職種の人より給料が低いという不満が、40代に入ると急増します。40〜44歳で不満と答えた人は30.7%、やや不満と答えた人は25.1%でした。45〜49歳では不満が27.7%、やや不満が27%となっています。子どもの教育費やマイホームローンなど、何かと出費の多いのが40代です。サービス残業が多い職場や、同じ職場でも多職種との収入に格差がある職場では不満を感じる人が多いようです。

さらに40代は、役職勤務も視野に入れた大きなステップアップを考える年代でもあります。看護師の仕事内容を正当に評価してくれる職場に転職すると、さらに実力を発揮できるのではないでしょうか。さらなるキャリアアップを考えている人は、看護師の転職エージェントを活用してはいかがでしょうか。ここでは職歴を重視して40代看護師を優遇してくれる職場の求人情報を、たくさん紹介してくれます。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る