1. 看護師さんの給料事情TOP >> 介護施設

介護施設で働く看護師の給料相場

看護師求人サイトランキングはコチラ!

介護施設から看護師の需要が増加しており、就職・転職先として重要な選択肢となりつつあります。2000年代も半ばを過ぎる頃から高齢化が深刻化し、介護環境の整備、介護サービスの充実化が社会全体で推進されている状況ですが、残念ながら高齢化のペースについていけていない状況です。そんななか、介護業界では人手不足が深刻化しており、看護師の需要も急上昇しているのです。

そんな介護施設で働く看護師の給料相場は全体的に見て病院で働くよりもやや低い水準にあります。看護師の仕事は通常人手が不足しているところほど給料面が優遇される傾向が見られます。足りない人手を確保するためによい待遇でアピールするわけです。しかし介護業界では慢性的な財源不足を抱えており、どの施設でも厳しい経営状況を強いられています。それが離職率の増加と人手不足の原因ともなっているのですが、看護師の給料相場にもその影響が現れています。

介護業界に限定した看護師の平均年収の具体的なデータはないのですが、全体的な相場としては年収400万〜450万円程度が一般的です。看護師全体の平均年収が470万円といわれていますから、平均よりもやや低い水準となるでしょう。

また、この給料相場は夜勤があるかどうかによっても違いが出てきます。もともと病院勤務の看護師も夜勤があるかどうか、夜勤手当や超過勤務手当をどれだけもらえるかが収入に大きな影響を及ぼしますが、介護施設でもその点は同様です。夜勤がある環境かどうかで年収50〜60万円程度の違いが出てくるといわれています。家庭生活が理由で夜勤は避けたいと考えている場合には年収400万円程度が一般的な収入相場だと考えたほうがよいでしょう。

給料相場に関してはもうひとつ注意しておくべき点があります。それは将来の収入アップです。先述のように人手不足で離職率が高いこともあり、長く働き続けられないケースが多いこと、そして厳しい財政状況から昇給の余地が少ないことといった問題点もあるため、キャリアを重ねても思うように収入がアップしない可能性もあります。現在の介護業界の現状ではキャリアに関係なく年収500万円くらいが限界と考えたほうが現実的かもしれません。

このように、病院勤務に比べると介護施設で働く看護師の給料相場は低めになります。そのマイナス点を補うやりがいや就業環境のメリットを見出せるかどうかがポイントとなりそうです。介護施設の種類によって就業環境が異なるため、その点も詳しく確認しておきましょう。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る