1. 看護師さんの給料事情TOP >> 大卒

大卒看護師の給料相場は!?

看護師求人サイトランキングはコチラ!

大卒看護師の平均給料は、月収にして22万円〜24万円が初任給だと言われています。新人ナースのときは大卒と短大卒・専門卒では給料に若干の差がありますが、転職する際は大卒であることが考慮されることは少ないと言われています。大卒看護師の給料を高めに設定しているのは、公立病院・大学病院が挙げられます。

公立病院は決められたルールに従って給料が決められているので、中途採用で転職することになったとしても、年齢と大卒であることを基準に照らし合わせて給料額が決まります。そのため年収にして400万円〜550万円平均で転職する人が多く、地方に行けば行くほど大卒であることが有利に働くこともあります。ただ、大卒であろうと短大卒であろうと実力と経験がもの言う世界なので、大卒であることが通用するのは新人のときだけなのです。

また、「大卒でなければ役職に就くことができない。」というイメージを持っている人もいますが、これもイメージにしか過ぎません。大学病院では出身大学や大卒であることが、給料や昇進に関係するところもないとは言えませんが、これも全ての大学病院に当てはまる訳ではありません。現実はテレビドラマのように壮絶なポジション争いがあるわけではなく、実力のある人が看護師長や看護部長に上がっていきます。

大学は4年。短大や看護学校は3年。高校の衛生看護科で准看護師の資格を取得している場合は、2年の看護師過程を修了することで勤務することができるようになります。看護師は経験重視という点で考えると、早く看護師として働き始めた方が実力と経験を評価してもらうことができます。ただ、それも勤務する医療機関によって違うので、自分の勤務したい医療機関がある場合は、給料条件の傾向を調べてもらうと良いかもしれません。

大卒看護師で大学病院の看護部長まで上りつめると、看護学部の准教授や教授と同じくらいの立場になるので、年収800万円以上は間違いありません。大卒以外の看護師でも、役職に就けば民間病院で年収700万円以上の人が存在しています。給料に影響を及ぼすのは大卒か短大卒・看護学校卒ということよりも、勤務する医療機関によって決まってしまうので、給料に照準を置いて医療機関を探してもらうのも1つの方法です。

「大卒ではないから。」と自分を責める必要はありませんが、最近の流れで看護系大学に進学する人は多いので、教育機関や医療機関の発展している都市部では、大卒の看護師が多いと言われています。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る