1. 看護師さんの給料事情TOP >> 訪問看護ステーション

訪問看護ステーションで働く看護師の給料相場

看護師求人サイトランキングはコチラ!

高齢化の進行の影響もあり、訪問看護ステーションの需要が増えています。専門の施設だけでなく総合病院が併設する形でサービスを提供するケースも増えており、そこで働く看護師の数も増えています。サービスを利用する患者の自宅に赴いて治療や診察、看護などの提供するため、病棟勤務とはかなり異なる勤務環境となるのですが、その点は給料相場や雇用形態、勤務環境の違いももたらします。

訪問看護ステーションで働く看護師の最大の特徴は夜勤がないことです。よほど緊急の事態にならない限り定期的に患者のもとに訪問する形となるため、遅くても19時くらいまでの勤務となります。原則日勤のみの形となりますから、夜勤は担当したくない、厳しいシフトでの勤務は避けたいという方にとってはよい環境といえます。

この点は訪問看護ステーションの大きなメリットといえますが、一方で給料相場に大きな影響を及ぼすことになります。夜勤がないということは夜勤手当が支給されないことになりますから、全体の給料相場が低くなるのです。もともと看護師は夜勤手当や超過勤務手当といった手当が年収に占める割合が高いため、手当を受け取る機会が少ない職場だとどうしても給料相場も低くなるのです。

給料相場に関してはさらに大きなポイントがあります。それは訪問看護ステーションで働く看護師は非常勤で雇用されるケースが多いこと。患者のもとへ訪問している間にスタッフの交代ができるなど時間の都合がつけやすいのもこの仕事のメリットですが、その分正規職員の比率が少なくなります。ですから訪問看護ステーションで働く看護師全体の給料相場は正規職員が多い病棟勤務に比べるとかなり低い水準となります。この点は比較する際に踏まえておきたいポイントです。

もうひとつ、知っておきたいのはキャリアアップの点です。特定の診療科でキャリアを積んでいく病棟勤務に比べて訪問看護ステーションは仕事で培ったスキルや知識が給料に反映される機会は少なく、キャリアアップの際にもあまり考慮されない面があるのです。ですから3年、5年とキャリアを積んでいくうちに他の職場の看護師との間で昇給の幅で差がついていくケースも少なくありません。

こうした点を考慮したうえで訪問看護ステーションで働く看護師の給料相場を見ていく必要があります。全体の相場としては年収400〜500万円程度。金額的には病棟勤務とそれほど差は見られません。ただこれは基本的に正規職員のみを対象にした金額です。全体の給料相場だけでなく、施設ごとの勤務環境や給与形態をよく確認したうえで判断することが重要になります。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る