1. 看護師さんの給料事情TOP >> 産業看護師

産業看護師の給料相場は!?

看護師求人サイトランキングはコチラ!

あまり聞きなれないカテゴリーかもしれませんが、一般企業で看護師として働く場合を産業看護師と呼びます。一般企業の場合は治験業務に転職するケースを連想しますが、治験業務での採用は会社員として、産業看護師で採用される場合は、企業内で働く看護師となります。産業看護師の業務は主に従業員の健康管理で、医師の診察補助や健康相談・生活習慣病予防対策などを担っています。

産業看護師は企業内で働くことになるので、勤務条件も従業員と同じように決められた休日を取ることになりますが、会社員には該当しないので、看護師としての給料をもらうことになります。産業看護師の平均給料は400万円〜450万円と言われていますが、医療機関ではないので、シフト勤務や夜勤などは存在しません。福利厚生を同じように利用することができたり、休暇を取りやすい点では勤務条件が良い転職先と言えます。

どこの企業に勤務するかにもよりますが、もちろん大手企業の産業看護師であればあるほど給料は高いので、看護系転職サイトで検索してみて下さい。特に全国規模の大企業で、地方のグループ会社や支社などに勤務する場合は、給料は大都市に拠点を置く本社の基準に設定されている場合がほとんどなので、地方で勤務していても高収入に繋がります。ただ、産業看護師として勤務する場合は、それなりの経験を問われることもあるので、実務経験が2年以下というような場合は採用してもらえないかもしれません。

例えば上場企業のメーカー勤務だとGW・夏期休暇・正月休みも長期で取ることが可能で、給料は年収にして550万円以上となります。勤務する企業の業績が良ければボーナスにも反映されるし、昇給することも確実です。

基本的には産業医・産業保健師と一緒に企業内で勤務することになっていて、産業医に至っては労働安全衛生法によって、常時1,000人以上の従業員を雇用している場合は必ず選任しなければならないので、医師と供に産業看護師を求人募集している企業は、誰がどう見ても大企業に含まれるはずです。

ここまで勤務条件が良いと応募者が集中するのも目に見ているので、転職サイトでは非公開で紹介しているところもあります。また、看護師が1人だと何かあったときの交代要員が存在しないことになるので、企業によっては非常勤で募集しているところも多く、人気のある求人だからといって、必ずしも応募が受け付け中止になっているとは限りません。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る