1. 看護師さんの給料事情TOP >> 国立病院機構

国立病院機構の看護師給料はどんなもの?

看護師求人サイトランキングはコチラ!

看護師の働き先の一つに、国立病院機構があります。単に国立病院と呼ぶのが一般的です。国立と名がつくことからも想像はつきやすいでしょうが、採用されると自動的に国家公務員となります。正確には「準公務員」という位置づけですが、給料についても国家公務員の基準によって定められており、全国一律という特徴をもっています。ただし、年齢や階級、あるいは地域手当などによってある程度の差は出てきます。気になるのは一般の病院勤務の看護職と比べた際の年収の差ですが、国立病院勤務でも看護職の平均年収とそれほど差はないようです。具体的な数字を出すと、月収は30万強、年収にすると500万といったところです。ですので、特別給料が高いということではないものの、地域ごとに差がなく、平均値の収入を確実に得られると考えておけばいいでしょう。

では、一般の病院と比較した際の、国立病院のメリットは何でしょう。ひとつは、待遇面でのメリットです。先ほど言ったように、準国家公務員となりますので、身分が保証されます。つまりは、クビになることはほぼあり得ないというわけです。また、全国の国立病院への転勤が可能なこともメリットの一つでしょう。結婚などで転居する際にも、この点は非常に助かります。また、これも公務員の利点の一つですが、ボーナスの額が安定していることがあります。一般企業は景気の変動に大きく影響を受け、数年の間にボーナスの額が半分ほどになることは珍しくありません。ただ、逆に景気が良い時には民間の方が額が大きくなりやすいのも、頭に入れておきましょう。その他、年収は変わらないものの、退職金や年金について恵まれています。生涯年収、あるいは老後の生活まで考えると、大きな差が出てくるでしょう。また、基本的に国立病院は診療科目が多いので、比較的希望に沿った部署に異動できるというメリットもあるでしょう。

参考までに、国立病院での職務の特徴を見ていきます。まずひとつは、時間外勤務について、手当が期待できない可能性があります。サービス残業などが慣例化しているためであり、これは高校教師などと似たようなところがあります。また、一般の民間病院と比べると、会議や委員会、あるいは研究会が多いという点があげられます。その他、役所などの業務をイメージするとわかりやすいかもしれませんが、文書の作成や記録などといった、デスクワークが比較的多くなってきます。国立病院では医療および看護技術について、最新のものを採り入れる必要性があります。そのために会議や文書作成が多く、看護師についても、採用後は継続的に勉強をすることになります。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る