1. 看護師さんの給料事情TOP >> 地域差

看護師の給料の地域差

看護師求人サイトランキングはコチラ!

看護師の給料には、実は地域差があります。日本看護協会が調査した結果をまとめた「2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書」によると、新卒看護師の基本月給が一番高いのは、神奈川県でした。4年制大学卒で21万4,053円、看護3年過程卒で20万8,463円となっています。次に基本月給が高いのが埼玉県です。4年制大学卒で21万888円、看護3年過程卒で20万7,693でした。3位は東京都で、4年制大学卒21万4,030円、看護3年過程卒21万4,030円でした。

一方、初任給の基本月給額が最も低いのは宮崎県です。4年制大学卒が18万7,720円、看護3年過程卒が17万9,519円となっており、神奈川県と比べると大きな差があることがわかります。この差を年収に換算すると、31万5,000円以上の開きとなり、相当な格差があるといえるでしょう。次に基本給が低いのは青森県でした。4年制大学卒が19万1,881円、看護3年過程卒が18万3,721円となっています。

これらの金額は、あくまでも基本給ですから、ここにいろいろな手当が加算されて、実際はもっと大きくの収入があります。また、経営母体によっても賃金格差がありますので、宮崎県や青森県などの賃金の低い地域で働いていても、一概に安い給料で働いているわけではありません。さらに公的機関などでは、地域手当を出しているところが大半です。例えば北海道や東北地方などの豪雪地域では寒冷地手当、物価の高い東京や神奈川県、大阪府などでは地域手当など、全国で看護師の賃金に大きな格差が出ないように工夫されています。

このような地域格差、経営母体による格差があると知った上で、自分の職務経歴などを考えあわせて、収入が標準より低いかどうかを判断する必要があります。客観的に自分の収入を判断できない場合は、看護師の転職エージェントに登録をして、担当のコンサルタントに自分の能力を客観的に評価してもらってはいかがでしょうか。医療業界では、即戦力になる経験豊富な看護師を常に求めています。経歴次第では自分が思っている以上の収入が得られる可能性も高いですから、転職エージェントの非公開情報を活用することをおすすめします。

そして収入が低くてモチベーションが上がらないと悩んでいる人は、優遇条件で雇用してくれる職場へ転職するのも一つの方法ではないでしょうか。また、収入アップにつながるキャリアアップ制度がある病院に転職をして、働きながら資格を取るのもおすすめです。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る