1. 看護師さんの給料事情TOP >> 新人

新人看護師の給料相場はどれくらい!?

看護師求人サイトランキングはコチラ!

新人看護師の給料は、職場や地域によって差があります。日本看護協会の調査によると、公的医療機関に勤務する2012年の新卒看護師に支給される初任給の平均額は、看護3年課程卒で26万8,016円、看護系4年制大学卒で27万7,284円でした。一般病院に勤める新卒看護師の平均初任給は、看護3年課程卒で27万2,220円、看護系4年制大学卒で28万円。学校法人などの法人医療機関に勤める新卒看護師の初任給の平均は、看護3年課程卒で28万3,516円、看護系4年制大学卒で28万6,748円となっています。

この額は基本給なので、ここから税金や保険が差し引かれ、その上で残業や夜勤などの諸手当が加算されます。このため、実際の手取り給料というわけではありません。

この初任給から税金などを差し引いた平均額は、公的医療機関では看護3年課程卒が19万8,300円、看護系4年制大学卒が20万3,900円となっています。一般病院では看護3年課程卒が20万1,850円、看護系4年制大学卒が20万6,100円でした。学校法人などの法人医療機関では、看護3年課程卒が20万8,800円、看護系4年制大学卒が21万5,600円です。ここに残業手当や夜勤手当などの諸手当を加算すると、新任看護師の初任給の相場は、25万円くらいだといえるでしょう。

このように手当が多い分、一般の会社員に比べて給料は高額になります。しかし基本給以上の加算賃金が高いということは、それだけ業務がハードだということです。一般職に比べて、肉体的にも精神的にも負担の大きい職場であることがうかがえます。

また、新任看護師は経験がありませんから能力評価が低いのですが、長く勤めていくうちに、実績が積み重なって昇給やボーナスの査定などで年収が上がっていきます。優秀な人材は副主任、主任、看護師長と役職もつきますから、基本給もそれだけ上がり、役職手当も支給されます。このような立場になるためには、これからのキャリアプランを考えて計画的に資格を取得したり、勉強をして知識を蓄えたりする努力が必要です。

そして教育システムが充実している病院では、キャリアアップ制度を取り入れて積極的に看護スタッフの資格取得などを応援しています。このような病院に転職を考えている人は、看護師転職エージェントを利用してはいかがでしょうか。看護師のレベルアップに積極的な職場を紹介してくれます。加えて面接対策や円満退職のコツなど、有利に転職できるアドバイスも受けられます。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る