1. 看護師さんの給料事情TOP >> 手取り相場

看護師の給料の手取り相場は!?

看護師求人サイトランキングはコチラ!

看護師は激務で薄給とのイメージが強い一方、実際の収入は決して低くないとの意見もあります。実際に収入が高いかどうかは感覚によって評価が異なってくるため、できるだけ具体的な数字で見ていくことが必要です。

結論から言えば平成26年度のデータにおける看護師の平均月収は33万円という数字が出ています。これが基本給に加えて各種手当・ボーナス(1ヶ月平均に換算)も含めた実際に受け取る看護師の手取り相場となるわけです。年収にすると約470万円。金額だけで評価するなら世間一般のサラリーマンによりも高い水準にあり、なかなかの高収入といえます。とくに女性が多くを占める職業の中ではトップクラスの水準にあるといってよいでしょう。

ただ、この看護師の給料の手取り相場のデータにはいくつかの注意点があります。サラリーマンの給料の手取り相場はその大半が基本給によって成り立っていますが、看護師の場合は基本給に対して各種手当が占める割合が非常に高いのです。この点こそ、看護師が激務で薄給といわれる理由のひとつでもあります。

看護師の手取り相場と平均年収の高さはひとえに手当にかかっているとも言われます。とくに大きいのが夜勤手当と超過勤務手当。簡単に言えば厳しい環境で頑張って働けば働くほど収入が多くなるわけです。どの仕事でもみなそういった面があるわけですが、看護師の場合はそうした厳しい環境が普通の状況であり、当たり前のように日常の業務として求められる点に大きな特徴があります。看護師の人手不足が大きな問題となっているのか、余裕のある就業環境で働くことができる施設の方が少ないといってもよいほどで、多くの看護師は日勤と夜勤に残業が加わったシフトの中で働くことを余儀なくされています。その結果体調を崩したり、心身の負担に耐えかねて離職してしまうケースも少なくないのです。

平均月収33万円という数字はこうした現在の看護師の事情を踏まえたうえで判断しなければなりません。たとえば夜勤はやりたくないから日勤のみで働く場合にはこの平均よりも確実に低くなります。逆に厳しい環境で働いて平均の手取り相場よりも高い収入を得ている場合ではやがて無理がたたって仕事を続けられなくなってしまうケースも考えられます。サラリーマンのように平均の手取り相場を見ただけで「看護師はこんなにもらっているのか」と評価することはできない、というわけです。

この点は就職・転職活動の時に求人情報をチェックする際にも重要なポイントとなります。高収入の職場にはそれなりの理由がある、と思った方がよいでしょう。この点は看護師という職業の難しさともいえそうです。

人気の看護師転職サイト!口コミNo.1サイトはココ!

会社名 申込み
株式会社マイナビ 詳細
60
会社名 申込み
株式会社エス・エム・エス 詳細
60
会社名 申込み
ディップ株式会社 詳細
▲このページの先頭へ戻る